福祉は愛を持って行うものである

###Site Name###

福祉には様々な制度があります。


細かく区分けしますとそれぞれの障がいや生活を送ることが困難な人の程度によって支援する内容も異なり、また名称も異なります。

自分がその支援を受ける対象の人ではない限り、このような制度や仕組みそして名称を知ることはないでしょうし、ざっくりとしたイメージのみしか持つことができませんがそれもやむを得ないことです。

対象者ではないのですから。
しかし、福祉の支援の制度を受けることができる対象者が、自らの生活の基盤を整えて少しでもゆたかにしあわせに送るためにそれらの支援を受けるべく、手助けをする人が福祉の事務所の方々になります。この福祉の担当の方々が「福祉」の根本的となるもの、すなわち「幸せに生きてほしいという願う気持ち、愛」を理解していなければ、形式上のものだけになってしまいます。

制度というものとして具体化しているのは誰もかが目に見えてわかるようにと、また「かたち」として残しつつ支援がしやすくするためです。

このことにより数値および結果として残しやすく、管理がしやすくなり次へつなげられるというメリットがあります。
しかしながら、このような「かたち」にこだわったりとらわれるあまり、根本的な本質そのものを見失ってしまっては元も子もありません。

担当者の方には管理がしやすい制度そのもののメリットを生かしつつ、根本的な「幸せに生きることを願うという気持ち、愛」を見失わずに対応をしてほしいと望みます。
そうすることによって一人でも多くの人の生活が変わっていくのではないでしょうか。
ひいては障がいの有無にかかわらず日本国民全員が幸せにゆたかになっていく道につながっていきます。

http://4meee.com/articles/hashtag/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BA%8B%E5%8B%99
http://www.mbs.jp/news/national/20160325/00000063.shtml
http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00190721.html

診療報酬債権のファクタリング

東京の有料老人ホーム

医療系国家資格

神奈川の介護施設

デイサービスの開業